営業リストの活用法

営業リストにまつわるルール

営業リストにまつわるルール 常識ではありますが、部外秘の情報であり慎重に管理する必要があります。
社内ルールでもあり一般常識です。
仮に相手先が法人だとして、ホームページに公開されている企業名、電話番号、FAX番号、メールアドレスだけの情報であっても慎重に扱わなければなりません。
こういう情報が仮に漏れたとしても、守秘義務違反には該当しませんし個人情報保護法に接触しません。
けれども社内で言われている情報管理能力がないという烙印を押されて出世は絶望的ですし、口頭注意だけでなく始末書を書かされる可能性もあります。
通常営業リストは、エクセルか専用のシステムで管理されており、それを部分的に印刷して社員が使っています。
また、この営業リストに電話しといてとか訪問してきてと渡されます。
備考欄には、担当者名や過去にあった経緯等が記載されているケースもあります。
こういう営業リストが紛失した場合やライバル企業に漏れた場合は、社内処分だけでなく営業先の企業にもお詫びが必要になってきます。

営業リストファイルをクラウドサービスに預けるメリットとは

営業リストをデータで購入するメリットとは 企業の営業部門の場合、顧客の営業リストが大切な財k産となります。
この財産は部署に所属する営業スタッフ全員の共有財産でもあり、逐一全員が閲覧できる環境になっているのが望ましいといえるでしょう。
誰もが閲覧できるということは顧客情報を外部に流出させるリスクも懸念されますが、営業リストの場合はクラウドサービスを利用して外部に預けるというのも一つの手です。
クラウドサービスとは、オンライン上に設置されたサーバーに大切なファイルを預けるサービスのことを指し、預けられたデータはパスワードを設定して大切に保管することが可能です。
閲覧する場合はパスワードを入力しなければいけないので、外部流出を防ぐことも可能という訳です。
営業ファイルの場合、出先から閲覧して必要な情報を得たい場合もありますが、このクラウドサービスであればネット接続環境が整っていればどこからでもアクセスすることも可能です。
データを安全に守りつつ、営業の利便性も高められるものといえます。