連絡への対策

連絡への対策

連絡への対策 企業で働いているものにとって、顧客の個人情報の取り扱いにはとにかく気を付けないといけません。中でも営業リストから相手先に連絡する時には、かなり慎重にしないと間違いがあると先方にも迷惑がかかってしまいます。特に今の世の中では、情報漏洩に関してはかなり厳しく、今後の会社の信用問題に関わってくるので対策を考えないといけない問題です。
営業リストから必要な顧客の情報だけピックアップできるようにファイリングをして、しっかりパソコンに保存しておくことはもちろんですが、それ以上にパソコン自体のセキュリティーも万全にしておかないといけません。その為にも普段から、大切な顧客の個人情報を扱うということをしっかりと社員に教育して、情報漏洩が起こらないようにマニュアルを徹底して作っておくことは必要です。出来ればファイリングする時にも、細分化してそれぞれの担当者別にするなどしてわかりやすいように工夫することも大切です。

流出させない工夫が必要

流出させない工夫が必要 効率的に訪問したり、電話をかけたりするには営業リストがあると便利です。
興味を持っているかわからないよりは、期待できる顧客の方が無駄が少ないため、会社にとってメリットが大きいでしょう。ですから、情報を集めて最高の営業リストを作成することは重要な作業となっています。ただ、作成したからには情報を流出させないことが大切です。
顧客の氏名や住所、年齢など個人情報が載っている物を万が一でも流出させてしまうようなことがあれば、会社の信用に影響を及ぼすことになりますし、噂が広がってしまうとしばらくは通常通りの営業活動ができなくなる可能性があります。すぐに実践できる効果的な工夫は、社外への持ち出し禁止です。営業リストを社外に持ち出してしまうと担当者が落としたり、忘れたりするリスクが高くなります。最初から持ち出さないようにしておけば、漏れることは少なくなるでしょう。また、営業リストを確認できる部署や人員を限定することも効果的です。